多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 史上最高の奇抜な組み合わせ

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

史上最高の奇抜な組み合わせ

2008.07.20

 横浜市役所で対談・取材を終えた中田宏氏と高橋克法氏は、歩いて横浜市開港記念会館へ。7時から中田さんとてんつくマンの対談が予定されていたからだ。

 ちなみに、ジャックの名で親しまれている横浜市開港記念会館は、実に素晴らしい建物である。保存のされ方も申し分ない。市民たちが愛着をこめて使い込んでいる結果、建物が生き生きとしているのだ。ただ鑑賞用として保存された建物はあのような雰囲気を醸し出すことはできない。

 さて、てんつくマンVS中田対談をわれわれは最前列で聞いていた。

 なんと、てんつくマンのコスチュームは、『fooga』の表紙にも使われている、原色使いの変ないでたち。ブルーのタイツに赤いパンツ、黄色のヘルメットと靴。マントは赤と緑だ。ほとんど信号機状態である。しかも、てんつくマンの奴、左足指をケガしたみたいで、包帯を巻いている。左膝あたりにはタイツの破れも。思いっきり「画竜点睛を欠く」姿で中田さんと対峙した。長年中田さんに会いたいと憧れていたと言うが、よりによって対談が実現できた日にその格好はないだろうと凡人は思うのだが、やはりてんつくは考えることがちがう。

 一方、中田さんは相変わらずダンディーだ。スタイリストが選んでいるのだろうか、白いシャツがめっちゃかっこえー(あっ、てんつくマンの口癖が移ってしもたわ)。胸元のボタンをふたつ開け、さりげなく「ちょいワル」風なところも似合っている。

 対談の内容は、、『fooga』10月号以降何回かに分けて紹介するのでここでは割愛。

 最後に北原照久さんが登場し、会場はさらに熱くポジティブな空気に包まれた。

 その後、、『fooga』は飛ぶように売れたが、やはりお三方の力だろう。

 今回の企画は、横浜竜馬会の会長である守田明さんによって立案され、運営された。会場の選定といい、組み合わせの妙といい、価値あるイベントであったと思う。てんつくマンは「史上最悪の段取りの悪さ」と茶化していたが、あの二人ならよけいなナビゲーターなど用意せずともうまくやってくれる、と守田さんも私もふんでいたのだ。案の定、てんつくマンの絶妙なリードで対談は進行し、やがて中田さんもノリノリになって喋ったという具合である。

 対談の後半、てんつくマンの突飛なアイデアが中田さんにぶつけられた。一瞬、会場は静まり返ったが、よく考えてみれば、実行できなくはないギリギリの突飛さである。そのアイデアを「それが政策だ」と返した中田さんもさすが。

 てんつくマンの提案した「横浜ツリーマラソン」、実現できたら面白いだろうな。

(080720 第60回  写真は壇上の中田宏・横浜市長&てんつくマン )

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ