多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > テリー60冊目の本

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

テリー60冊目の本

2008.07.01

 北原照久さん60冊目の本を小社にて刊行した。

 タイトルはズバリ、『出会い』。北原照久サクセスストーリーの秘訣を端的に表すなら、このひとことに尽きる。まさに、さまざまな出会いが北原さんを日本有数の「幸せな男」にしたのだ。

 もちろん、それらの出会いは、棚からボタモチが降ってくるように勝手に落ちてきたわけではない。そういう出会いを呼び込んだのは、まぎれもなく本人なのだ。『fooga』今月号の特集で、てんつくマンも似たようなことを言っていたではないか。

「神様は自分の心を見透かしているから、一生懸命やっていないとそれなりの人にしか会わせてくれない」と。逆に言えば、一生懸命やっていれば、それなりに素敵な人に会わせてくれるというわけだ。そして、そこから人生が大きく好転することになる。

 今回のこの本では、北原さんが今までに出会った数多くの素敵な人たちの内、わずか9人だけを取り上げている。母親ほか浜圭介、矢野雅幸、有吉暉子、北村宏、加山雄三、吉永小百合、北原旬子、平林良仁各氏との出会いを綴りながら、「うまくいく人生の秘訣」を伝授してくれている。

 あとがきにも書いたが、世に人生のハウツー本はたくさんあるが、ごちゃごちゃたくさん読む必要はない。この本一冊だけでじゅうぶんである。それくらい、北原さんの体験談は普遍性があり、わかりやすい。それにこの本、文字も大きくて読みやすい。あまりストレスを感じさせずに読ませるには、と考えた結果、このポイントになったのだ。本来なら、もう少し小さくすればお洒落になるんだけど。

 さて、。『fooga』7月号でも告知したように、7月11日(金)午後7時から、横浜市開港記念会館にて中田宏横浜市長とてんつくマンの対談が行われる。ワクワクせずにはいられないこの組み合わせの終わりの方に、なんと北原さんが殴り込み、じゃなくて飛び入り参加する。その後、きっちり本の販売&サイン会をするというあたり、さすが!。人生、こうでなくっちゃ。

 また、中田VSてんつくマンにさきがけて、午後4時から横浜市役所で中田宏氏と高橋克法・高根沢町長との対談もセットされている。こちらは。『fooga』9月号特集記事のための対談であり、一般公開はされない。ちなみに、全国の自治体で初めててんつくマンを招聘したのは、他ならぬ高橋町長のいる高根沢町。

 バラバラになっていた線が、11日につながるのである。

(080701 第56回 写真は、60冊目の本を持ち、ご満悦の北原氏 )

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ