多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > てんつくマンが言った、アホでよし

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

てんつくマンが言った、アホでよし

2008.04.26

 去る4月21日、かの「てんつくマン」の取材が行われた。なんと、わざわざ横浜の事務所まで来てくれたのである。小豆島から……ではない。いくら不可能を可能にする「てんつくマン」と言えど、スーパーマンのように空を飛べるわけではない。実は前日まで内モンゴルで恒例の植樹をしており、帰国翌日に寄ってくれたという次第である。

 桜木町駅の改札口で待ち合わせていたのだが、てんつくマンはどこかなーと目をキョロキョロさせていると、すぐに彼だとわかった。なぜ、人混みの中でもわかったか? もちろん、独特の風貌といでたちによる。

 ご覧のように、「アホで良し」というTシャツを着ている。足下を見ると、毎度恒例のセッタ。相手がどんなに要人であると、てんつくマンはセッタ履きである。ちなみに、それは相手をバカにしているからではない。現代人が何の疑問もなく身にまとっている鎧がバカらしくなったのだろう。ヘアースタイルは頂上が少し長めになっている坊主頭で、後ろへ回ると短くて可愛いチョンマゲが結ってある。

 こんな人、今の日本にはいない。いや、昔もいなかった。

 なんか、こうやって並ぶと自分がやたらマジメな男に見える。足も長く見える。ほら、ベルトの位置がちがうでしょう?(てんつくマンのベルトは見えないが、なんとなくわかるでしょう)。しかし、それがなんだというのだ。てんつくマンの方が、断然存在感がある。おまけに、てんつくマンはピースサインならぬ、三本指のピースサインを掲げている。これじゃあ、勝ち目はない。

 さて、肝心の取材であるが、思う存分彼の話を聞くことができた。詳しいことは、『fooga』7月号を読んでほしいのだが、取材で受けた印象は、

●安永さんという、自らが命名したカミサマに守られている

●10年以内にドデカイことを成し遂げそうだ

●髪の生え際がジリジリと後退している 等である。最後はどうでもいいとして、前回も書いたが、今までに会ったことがないタイプの人である。

 てんつくマン特集号のタイトルだが、今のところ「日本一単純な男てんつくマンが世界を変える! かも」。その特集号が出た直後(7月11日)には、中田宏・横浜市長との対談も予定されている。どんな展開になるのか、今から楽しみである。

(080426 第47回)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ