多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 走れ、タカク

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

走れ、タカク

2015.06.14

御苑の入り口で 目下、いくつかの事柄に挑戦しているが、そのなかのひとつが走ること。正直に書けば、10キロを39分台で走りたいと思っている。
 かなり以前もそう思っていた。35歳の頃に10キロ走に出場するようになり、少しずつ記録を伸ばした。しかし、37歳の頃に40分16秒で走って以来、年々記録は悪くなっていった。やがて、走る気が失せた。週末、気の赴くままに走る程度のことを続けていた。
 時は経て、いま、再び走る意欲が高まっている。新宿御苑の門の目の前に住居を構えるという僥倖を生かそうと思ったことが発端だった。3日に2回の割合で走り、国立競技場駅の階段トレーニング(3200段)を週に1回こなしている。その甲斐あってか、みるみる体が軽くなってきた。
 余勢を駆って、ときどき御苑を1周、タムトライアルする。御苑の外周は3.5キロ。その内側に沿って走るコースなので、目測で3キロ。計測するたびにタイムが縮まり、先日は11分32秒だった。このペースで走れば、10キロ38分20秒である。もちろん、同じペースで走ることはできないので、40分を切れるかどうかはわからない。1周走るだけでも、内臓が飛び出しそうなほど苦しいのだ。
 タイムがどんどん縮まっているのは、練習の成果だけではないと思っている。食事に気遣い、規則正しい生活のリズムをつくったからでもある。夜は外出していなければきっかり10時に就寝し、朝は6時から6時半の間に起きる。外食のときも、10時前には切り上げるようにしている。
御苑コース1 一方、日本酒を毎晩飲んでいる。「酒は百薬の長」だから。これも自分の適量を見つけた。気に入った銘柄を熱燗で1.8合と決めている。この量だと翌日に残ることはない。外食する際も気をつけている。とにかく、まともな料理や酒を提供しているところ以外、行く気になれない(ときどき、やむなく行くけど)。
 面白いことに、生活のリズムができてきてから、仕事のペースがぐーんと上がった。去年が特急なら、いまは新幹線のような感じで仕事がはかどる。集中力が上がったのか、時間の価値を体が覚えたのか、ダラダラ仕事をすることはなくなった。やはり、歳をとると、どんどん楽になっていくのだ。人はよく、「歳をとるともの覚えが悪くなって」とか「体が思うように動かなくなって」と言うが、それはウソだ。自堕落にしていればそうなるが、全員がそうなるわけではない。

 さあ、今日も走ろう。
御苑コース2(150614 第561回 写真上は新宿御苑千駄ヶ谷門の前に立つ高久、下は目下のランニングコース)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ