多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 原爆に負けない木

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

原爆に負けない木

2015.06.07

マルバヤナギ 前回に続き、広島ネタを。

 被爆の木として有名なアオギリの木がある。原爆投下後、「今後75年間、広島には草木も生えないだろう」と言われていた。しかし、爆心地から約1300メートル離れた場所に生えていたアオギリは、猛烈な爆風を受けて焼け焦げたにもかかわらず、なんと翌年、新しい芽を出したのである。その逞しい生命力に勇気づけられた広島市民も多いという。
 今回紹介するのは、そのアオギリの木ではない。広島城を見るため、城郭内に入ったとき、偶然、被爆した木を見つけたのである。ひとつはマルバヤナギ(写真上)。もうひとつはユーカリ(写真下)。いずれも爆心地から約750メートルの場所に生えていた木だ。
 間近で凝視した。そして、心の中で語りかけた。
「よく生き残れたね」
「もうダメかと思ったけど、信念岩をも通すだね」
「どんな信念があったの?」
「愚かな人間たちに戦争の悲惨さを伝えることだよ」
「戦争はなくなると思う?」
「人間が人間である限り、なくならないだろうね」

 

 その日の夕方、共産党が「戦争反対」署名運動をしていた。
被爆木ユーカリ これまでの歴史を見ればわかるが、共産党が平穏な社会を望んでいるはずがない。彼らは社会の転覆を謀り、自分たちの望む体制を築こうとしている。その後に待ち受けているのは弾圧であり、その結果、恐ろしいほどの格差が生まれ、自由を奪われるのは火を見るより明らか。
 しかし、弱者の味方を装い、しかも集団的自衛権行使容認という当たり前の法案にかこつけて平和の使者風を装っている。
 どうしてその欺瞞が見抜けないのだろうか。コロリとダマされてしまうのだろうか。北朝鮮や中国やロシアを見てほしい。かつてのソ連や東ドイツ、ルーマニアなどを見てほしい。共産主義がどれほど恐ろしいものかを知ってほしい。断言するが、共産党は反社会勢力だ。
 話は飛躍したが、「平和の使者」を語れるのは、共産党ではなく、冒頭のアオギリでありマルバヤナギでありユーカリであろう。
(150607 第560回)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ