多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > てんつくマンからのメッセージ

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

てんつくマンからのメッセージ

2008.04.20

 このブログ「多樂スパイス」3月9日の記事で、てんつくマンの書のパフォーマンスについて書いた。

 その少し前、私は横浜で開かれた彼の映画上映会&講演会で初めててんつくマンに会った。

 会場のロビーにいたてんつくマンはやはり際だっていた。背が大きいし、アホがどうのこうのと書かれたTシャツを着ているし、髪型は表現不可能だし(字数を費やせばできるのだが、あえてしなくてもいいと思う)、なにより足下を見るとセッタを履いていた。

 ムム、ただ者ではないな、と身構えたのだが、そのうちてんつくマンは子どもたちと夢中になって遊び始める。遊んであげているというより、遊ばれているという雰囲気だったが……。

 子どもが「てんつくのバカー」などと言って彼をからかっていると、「そんなことを言うと、チューしちゃうぞー」と言って子どもたちを追いかけて行く。

 私の「人に関するデータベース」には存在しないタイプの男だった。

 その後、石川町駅近くの居酒屋へ行って、少しばかり会話を交わし、書を書いてもらった。

 それが写真の色紙である。

 てんつくマンはあぐらをかいてドカッと座り、ヘッドフォンで音楽を聴きながらノート型パソコンをいじくりまわし、やがて上半身がぐらぐらと揺れ始め、目はアッチの世界へとさまよい始めている。

 ウォーミングアップが済んだところで、順番に彼の前に座る。小さな紙片に書かれた名前と目の前にいる人物を凝視し、パッとひらめいたインスピレーションに従って、ものの数秒でメッセージを書き上げる。

 それがけっこう的を射ているから不思議だ。たぶん、あの時、てんつくの感性は素っ裸になっているのだろう。

 ちなみに私が書いてもらったメッセージは以下の通りである。

──多美男 一つを信じる それが一万の中の一粒の一つであっても そこを 多美男を信じぬく そこから風穴があく─

 若干削りたくなる文字があるが、たかだか数秒で書き上げた割には凄いと思う。

 つまり、てんつくマンは、私に「やり続けろ」と言っているのだ。

 何を? 好きなことを、だと思う。それが『fooga』でないことを祈るばかりである。

(080420 第46回)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ