多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > ランチタイム花見

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

ランチタイム花見

2008.04.05

 横浜の事務所界隈は、花咲町、桜木町という名が示すように、桜の木がたくさんある。春になるまで気がつかなかったが、桜の季節になり、その地名の意味がわかったのである。

 うららかな小春日和のある日、ランチタイムを利用して花見をしようと思い立った。

 近くのコンビニでおにぎりを買い、音楽通りという路地を横切り、野毛の丘を歩いて上がる。そこには、あったあった、伊勢山皇太神宮という社があり、今や桜が満開である。

 鳥居をくぐり、桜の天舞に圧倒されながら適当な場所を物色する。見上げれば、透き通るような青い空が広がっている。空以外はランドマークタワーだけ。けっこう風流である。

 ベンチに腰掛け、西行になった気分で一首ひねろうと思うが、湧いてくるのは雑念だけ。今夜何食べようかな、酒は飲もうか飲むまいか(ちなみに私は酒が好きだが、γ-GTPが異常に高く、最近酒を控えている)、『fooga』はまた今月も大きな赤字だな、今書きかけの原稿はいつ頃アップするのだろうか早くしないとね、最近海外旅行していない、叔父さんの最期は壮絶だったなあ(先週、近くに住む叔父が全身をガンに蝕まれて逝去した)、どこかに100円玉でも落ちていないかなあ、やっぱり宇都宮より横浜の方が花粉の量が少ないなあと、雑念が次から次へと去来してまったく西行にはほど遠い。

 しかし、桜の効果は絶大である。おにぎりを食べ終えた頃、心の中はクリーニングされたみたいにスッキリしている。

 丘を下り、事務所に戻ったら、ちょうど1時間が経過していた。こういう花見が好きである。

(080405 第43回  写真は伊勢山皇太神宮の桜とランドマークタワー)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ