多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > ストレスのおかげで

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

ストレスのおかげで

2007.11.04

 ただでさえ不健康な仕事をしている。毎日数時間は机に座り、パソコンに向かっている。当然、電磁波をたっぷりと浴びていることだろう。

 おまけに最近は満員電車に揺られることが多くなった。よもやこの歳でそのような状況になるとは夢にも思わなかったが、これも自ら選んだ道、と自分を納得させている。

 ある説によると、人間というものは、半径数十センチに知らない人が近づくと、自動的に体内のセキュリティアラームが作動するようになっているという。言い換えれば、数十センチに近づいてもそれが作動しない人は親しい人ということができる。

 その説は正しいと私も思うのだが、そう考えれば、満員電車に乗っている時は体内のセキュリティアラームが鳴りっぱなしということになる。本人は気づかずとも、体や脳は拒絶反応をしているのだ。ただ、慣れというものは恐ろしいもので、そのアラームを感知しない人間になっているというだけのことだろう。

 そんなわけで、最近なにかとストレスフルな時間が多い私が、リセット用にとる手段は自然の中に身をおくことである。親しい人と、ただ美しい自然のなかを歩くだけで、みるみる心身が潤いを増してくる様子がわかる。

 福島県喜多方市の近くにある雄国沼高原へ行った(おぐにぬま、と読む)。展望台から眺める雄国沼一帯は、その名の通り、雄大な国の沼。夏はニッコウキスゲが群生し、多くの観光客で賑わうというが、この季節は人もまばらで、それがまたいい。沼面に映る抜けるような秋の青空、平原を渡る涼風、色づき始めている木々の葉……、まさに今こうしている時も、あの時に見た高原が存在していること自体が不思議である。こういう穴場をよくご存知の方と言えば、「御屋方様」の異名をとる、あのお方しかいない。

 しかし、不思議なもので、では自然の中で暮らしたいか、と問われれば、首を縦に振ることはないだろう。逆説的になるかもしれないが、日々ストレスを溜める仕事をしているおかげで自然のありがたさに気づいているとも言えるのである。

(071104 第19回 写真は雄国沼高原のハイキングコース)

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ