多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 惰性の罠からの脱出

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

惰性の罠からの脱出

2013.01.25

No.15 表紙&表4 一年を振り返って、「今年は今まででいちばん良かった」と思えるような人生を歩みたいと思っている。事実、今までは、そういう人生であった。だから、過去に戻りたいという願望はみじんもない。まして10代や20代に戻りたいなど思うはずがない。

 それと同じように、『Japanist』も毎号、「今回がいちばん良かった」と思えるようにしたいと思って取り組んできたが、残念ながら今回はそう思えない。読者の皆さんの手元に届く前に、編集責任者がこんなことを書くのは背信行為にちがいないが、正直な胸の内を明かせばそういうことだ。

 個々に見れば、きらめきを発する記事も少なくない。手前味噌ながら、はじめから終わりまで丹念に読めば、何度も感嘆するはずだと思っている。「今までのものと、どこが違うの?」と思う方もいるかもしれない。

 でもなあ、なんというのか、金属疲労が目立ってきた感がする。さらにいえば、惰性の罠に落ちている。これはすべて私の責任である。

 今回を大いに反省し、次号はさまざまな改造を施したい。特にビジュアル面では、大手術をするつもりだ。もちろん、編集主旨を曲げるようなことはしない。

 自分で言うのもナンだが、1円ももらわずに続けている仕事だ。他の雑誌と明らかに一線を画すものを作らなければ、続けている意味がない。ただの自己満足ほどかっこ悪いものはない。修復不可能の状態に陥る前に自分で気づいて良かった。

 一期一会、その言葉の意味を肝に銘じ、もう一度魂を吹き込みたいと思う。

 

 吉日は心のままに訪れる 淳風乱風上るも下るも

 (いい日かどうかは自分の心のもちようである。澄み切った風の日も乱れた風の日も、人生上り坂のときも下り坂のときも)

(130125 第397回)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ