多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > オトコの色気

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

オトコの色気

2012.04.15

 右の写真、さてなんでしょう?

 じつはこれ、カラーとスイートピー。いずれも紫色で、艶やか。白い壁にメチャクチャ映える。まさにオトナの色気である。誕生日のお祝いにいただいたものだが、さぞかしこういうモノの贈り主はオトナの女性だと思うだろう。

 ところがどっこい。じつは、男くさーい男であった。町工場の職人であった。しかも還暦オトコであった(これで、誰なのかわかった?)。こういう意外性って、最高のサプライズだと思う。

 その日、指定された銀座のイタリアンへ出向いた。ストールをなびかせながらやってきたオトコは、いつもながら洒落ている。持っているバッグは、もちろんアレだ。

 「はい、おめでとう!」

 パッと差し出した右手はいかにもモノづくりをしている手。

 ごっつい。それまでに何度も握手をしたことがあるが、大きい手だなあという印象があった。そういう手に握られていたものが、右上の花束だったというわけ。

 

 意外なことをさりげなくできるのが、成熟した大人だと思う。さらに、「能ある鷹は爪隠す」ではないが、ありあまるほどの能力をふだんはベールで覆っているのも大人だ。

 かのオトコはいつも、「オレは町工場の職人だからモノづくりのこと以外、なにも知らないが……」と穏やかな表情で語るが、とんでもないカモフラージュである。あらゆる方面の教養の深さもさることながら、実際、モノづくりだけではなくデザイナーでもあり、ディレクターでもある。

 くだんの職人は、その夜、フランス人の店員とフランス語で流暢に会話していた。彼がフランス語に堪能だったなんて、ついぞ今まで聞いたことがなかった。自分のことをひけらかしたり、くだらない自慢話を延々している人は、どんなに能力があっても無粋にしか見えないが、こういう人こそ粋人というのだろう。

 目指すは、そういう還暦オトコである。

(120415 第333回)

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ