多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 時の堆積を愛した画家

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

時の堆積を愛した画家

2012.03.29

 枯れゆく植物に思いを馳せ金属で創作を続けるモリソン小林氏、枯れてしまった雑草の次は、廃墟の画家である。

 ユベール・ロベール。

 こうも続くと、よっぽど高久ってヤツは枯れたもの、壊れたものが好きなんだなと思われるかもしれないが、事実、その通りなのである。

 その証拠に若い人にはあまり魅力を感じない。枯れてしまっては困るが、やはり魅力を感じるのは円熟味のある人。私の悪友、高久カズオ氏はその逆で、特に女性の場合は20代前半までしか対象とみなしていないという。

 さあ、どっちが正しいかな?

 播種本能からすればカズオ氏の方が正しい? あるいは、どっちでもいい?

 ま、どうでもいいか。

 

 さて、ユベール・ロベールである。

 忙中閑あり。

 時間を見計らって、国立西洋美術館へ行ってきた。

 H・ロベールは、18世紀のフランス人画家。朽ちかけた古代神殿や廃墟やモニュメントに、その地で暮らす人々を描き、「廃墟の画家」としてその名を馳せた。特に、サンギーヌ(赤チョーク)で描いたデッサンは、素晴らしい。描きこんだ部分とおおざっぱに描き流した部分のコントラストが天才的だ。観る者は、描かれていないところに、縦横無尽にイメージを重ねることができる。

 余白の部分に思いを馳せる。じつは、それこそが芸術の醍醐味である。全部、描き込んでしまったら、イマジネーションの出る幕はない。かといって、稚拙ではまずい。技術と感性が最高レベルに洗練されていて、それでいて、どこかに「余白」や「遊び」がある。そういう芸術が好きであり、そういう人が好きである。

 でも、全速力で突っ走っている人も好き。

 私の好みは自分でもわからないのである。

(120329 第329回 写真は、ユベール・ロベール作『セプティミウス・セヴェルス門のヴァリエーション』)

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ