多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > うちゅうばくはつがくだんはおとなのかみしばい

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

うちゅうばくはつがくだんはおとなのかみしばい

2012.03.05

 先日、「うちゅうばくはつがくだん」という、ビッグバンと同時に生まれたと推測される楽団が演じる紙芝居を見た。

 紙芝居と聞くと、「子ども向け」と思って鼻で笑う人もいると思うが、うちゅうばくはつがくだんの紙芝居は、一本の作品がおよそ1時間もあり、ピアノや効果音、さらには男声・女声の歌ありで、まさに「総合芸術としての芝居」。絵は手書きだが、それを大画面のスクリーンに映しだし、大勢が見られる仕掛けとなっている。

 内容は、ひとまず子ども向けにはなっているが、「なぜ生きているか」「何が幸せか」、あるいは「戦争とは」など、本源的なテーマが貫かれていて、見応えじゅうぶんだ。

 主宰者はスズキ・スズさん。紙芝居の師匠につき、かれこれ10年ほど修業を積んでいるという。その鈴木さんが、原作と朗読を担当しているのだが、擬声音を巧みに用い、物語のイメージを奔放に膨らませてくれる。

 当日は台東区のある小学校で上演されたのだが、子どもたちが一気に物語の世界に入っていくのがわかる。あるところでは笑い、あるところでは息を呑んでいる様子がリアルに伝わってくる。スズキさんは途中、朗読を止め、子どもたちに質問をして興味を喚起するなど、その場のコントロールも心得ている。

 なにより素晴らしいと思ったのは、東京大空襲による焼死体の実写真を映したり、命の誕生について子どもたちに答えさせるなど、今までの公教育で避けてきた生死のことについて正面から向き合っていること。

 「さあ、このオタマジャクシはなんていうのかなあ?」と問えば、小学低学年の子どもたちは、隣の子たちと「精子だよね」などと囁きあっている。もちろん、子どもたちはそういうことを色眼鏡で見ていないので、恥ずかしそうなそぶりは見せていない。

 気がつけば、低学年向けの『地球の唄のこだまが響く』と高学年向けの『光のカーニバル』の2作品は、あっという間に終わってしまった。特に後者は、東京大空襲にちなんだもの。昭和20年3月10日、東京は火の海になったが、もうすぐその日がやってくる。

 

 私たちはこの平和な社会に慣れすぎた感がある。あの無差別爆撃で多くの犠牲者が出た。しかし、あの爆撃が犯罪だとは少しも断罪されずに現在に至っている。なぜ、一般人をターゲットとした爆撃や原子爆弾が犯罪ではないのか。戦争に勝てば、すべてが正当化されるのか。

 今、イランの核開発問題で国際社会が揺れている。イランが核をもつことがいいことかどうかと問われれば、悪いと答える人が大半だろう。私もそう思う。

 しかし、イランが悪くて米英仏ロ中がいいという理屈は通らない。拒否権を含め、国連常任理事国は、過剰な権限を持ちすぎている。核保有国は、他国の核保有に対して文句を言う前に、やるべきことがあるだろう。

 いびつな国際社会である。

 

 話が変な方向に行ってしまったが、「うちゅうばくはつがくだん」の紙芝居にぜひ注目を。

http://cosmicceo.wordpress.com/

(120305 第323回 写真は、紙芝居『地球の唄のこだまが響く』の上演風景。台東区田原小学校にて)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ