多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 私の上に降る雪は

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

私の上に降る雪は

2012.03.01

 今年は雪が多い。

 とはいっても、ニュースで聞くだけで、実際に私が住んでいるところでたくさん降っているわけではない。なので、まったく実感はない。

 そもそも宇都宮は寒いが、雪はほとんど降らない。週の半分以上を過ごす新宿区界隈もほとんど降らない。だから、豪雪地帯の方には申し訳ないが、“しめやかに降る雪を、あったか〜い部屋で、熱いコーヒーを飲みながら、ワサブローさんの『生ひたちの歌』でも聴きながら、ネコのように眺めていたい“ という願望があった。

 ※蛇足ながら(この言葉、ぞっとする)、『生ひたちの歌』とは、♪私の上に降る雪は 真綿のやうでありました〜 〜私の上に降る雪は いと貞潔でありました♪ という、中原中也の詩をもとに作られたもの。

 

 昨日、未明から正午にかけて、待望の雪が降った。朝起きて、窓から御苑の林を見たとき、いつもとちがった景色に驚いた。白い薄化粧がなんとも美しい。しかも、雪は「しんしん」と音をたて(気のせいだと思うが)、粛々と降り続けている。

 思わず、いつものようにベランダに出た。左馬之助(ケヤキ)たちに挨拶をした後、深呼吸と軽い柔軟運動をするのが日課だからだ。

「寒ッ!」

 気持ちとは裏腹に、腰が引けた。やはり、寒い。あっという間に尻尾を巻いて退散。

 その後、予定があったので、外出した。何度か滑って転びそうになりながら…。

 かくして、願望のようにはいかなかった雪の日であった。

(120301 第322回 写真は、新宿御苑・多樂庵前の雪景)

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ