多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 相手の格によって使い分ける美食外交

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

相手の格によって使い分ける美食外交

2012.01.17

 本題に入る前に……。

 国歌の起立斉唱命令に従わず、東京都教育委員会から懲戒処分を受けた公立校の教師らが、都の処分取り消しと損害賠償を求めた裁判で、最高裁は「都の処分は重すぎる」との判決を下したとの一報が、昨夜酒を飲んでいるときに入ってきて一気に悪酔いした。

 日本は素晴らしい国だが、同時に、異常な国だと言わざるをえない。子どもたちに教育をするという重責を担った教員らの行為は、反逆罪・騒乱罪に問われてもおかしくはないはずだ。こんな裁判がまかり通るのは日本だけだろう。

 橋下徹・大阪市長らが進めている分限免職法に影響を及ぼすのは必至で、今回の判決は近年まれにみるミスジャッジといっていい。今後、不起立の教員が続出するだろう。

 自分の生まれ、育った国が嫌いな教員が、その嫌いな国から給料をもらい、未来を担う子どもたちに教育をする矛盾。日教組は解体すべきだという思いはますます強くなった。

 

 さて、本題へ。

 以前、本ブログでも何度か書いたが、およそ7時間くらい並んでパリのエリゼ宮を内覧したことがある。ふだん、一般人は入れないどころか、警備が厳しくて近寄ることもままならない。しかし、偶然にも年2回の開放日に遭遇し、エリゼ宮の内部をつぶさに見ることができたのだ。

 多くの部屋を見ながら、圧倒され続けた。というのは、部屋(ダイニング)の数もさることながら、部屋の大きさや室内装飾、テーブルコーディネートなど、「相手の格に応じて使い分けるフランスの美食外交」の真髄が形をなって現前としていたからだ。その差の付け方は、露骨と言ってもいい。くわえて、料理やシャンパーニュ、ワインなどでも相手に応じて差をつける。驚いたことに、シェフからあがってきたメニュー案を最終的に了承するのは大統領だという。今のサルコジ氏がその重責を果たしているかどうかわからないが、なんともスゴイ国である。つまり、粗野な人ではフランスのトップは務まらないということ。

 反対に、日本の首相は「庶民的」であることが親しまれている。私としては、ドジョウなんかより、ピューマとかイルカとかハヤブサなどのイメージの方が好きだが、愚鈍なリーダーが好きな日本人はそうではないらしい(野田さんが愚鈍という意味ではない)。

 もっとも、結果よければすべてよし。野田さんは、たとえ捨て石になったとしても政界再編の導火線に火をつけてもらいたい。

(120117 第311回 写真はエリゼ宮の内部)

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ