多樂スパイス
Home > ブログ【多樂スパイス】 > 壮絶な覚悟とノホホ〜ン

What's TarakuSpice?

自分が好きなことを見つけて無我夢中で取り組み、ひとつずつ目標をクリアする。そうやって愉しみながら、自分という人間をぶ厚くしていく……。今がベストで、未来には未知の楽しみがある。これが、多樂の本質である、と『多樂スパイラル』のまえがきで書いたが、その原理原則は今も変わっていない。

日々の生活のなかで、森羅万象に潜む多樂をいかに味わうか。心に映りゆくよしなごとを書き留めておこう。それが読者の方々にとって、なんらかのスパイスになればとの願いもこめて…。

 

Blog TarakuSpice

壮絶な覚悟とノホホ〜ン

2011.12.27

 NHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」の放映が終わった。NHKの大河ドラマは、歴史認識が偏っていて、キャスティングは視聴者におもねってトンチンカン、舞台設定はお子様セットという具合で、とても見る気になれないが、「坂の上の雲」はすべてじっくり見た。旅順攻撃や日本海海戦での戦闘シーンなど、それなりによく撮れていると思う。なにより、司馬遼太郎が「映像化まかりならん」と遺言で封印していた作品の映像化であり、それだけでも価値がある。

 幕末・明治以降の近代に興味を抱いたのは10年ほど前。以来、ずっとその時代の歴史書を読み続けている。特に明治以降の近代国家建設過程が面白い。

 もちろん、幕末が面白いのは言うまでもない。ただし、その面白さは「破壊」の面白さであり、「創造」の面白さではない。当然のことながら前者はドラマ性があり、後者は地味だ。しかし、後者の主役たちこそ、近代日本のほんとうのリーダーだと私は思っている。

 

 結果がわかっているから安心して見ていられるが、実際に「あの場」で戦った人たちは、どのような覚悟を胸に秘めていたのだろう。例えば、バルチック艦隊との決戦において採用したT字戦法(敵前でのターン)は、まかりまちがえば味方の全滅を誘う危険な賭けだ。いわば、「完敗」というリスクをとって「完勝」に挑んだ。現場の責任者である東郷平八郎にとって、なまはんかな決断ではなかっただろう。

 横須賀にある記念艦「三笠」に乗ると、当時のことを偲ぶことができる。敵の砲弾が飛び交い、腕や腿や胴体や頭があちこちに散乱するなか、平然と指揮をとっていた東郷の立ち位置もわかる。艦内の作戦室もわかる。

 今、『Japanist』連載の原稿を書くため、伊藤博文について調べているが、日露戦争についていくつか考え方が変わってきた。

 ひとつは、そもそも日露戦争を防ぐ手立てはなかったのだろうかということ。ロシア側からの妥協を含んだ回答がわずかの差で日本に届かず、開戦に至ってしまった。結局、日本は戦争に勝ったものの、その後、財政は破綻寸前まで追い込まれた。さらに、84,000名に及ぶ尊い人命、44万人に及ぶ戦傷者など、人的犠牲は甚大であった。そして、見落としてならないのが、「日本海海戦で勝ちすぎた」ということだ。戦後の論功賞罰において、ただの一人も罰を受けることはなかった。例えば、アメリカであれば乃木はどう弁護しても軍事裁判ものだろう。しかし、精神論が好きな日本では「軍神」扱いされてしまう。総括を行わない悪癖はその後も変わりはない。一般にあまり知られていないが、太平洋戦争において、日本軍はただの一人も更迭していない。あれほど作戦ミスを重ねながら。一方、圧勝したはずのアメリカ軍は7人か8人を更迭している。

 結局、日本人のそういう癖は今に至るも変わっていないということだ。みんな「身内」なので、責任をとらせることができないのだろう。日産もそのような理由でズルズルと坂を転がり落ちた。財政破綻に瀕している今の日本国家も、基本的には同じ轍を踏むと思っている。

 責任のある立場にいる者に責任をとらせない。これが日本の悪癖だ。

 例えば、鳩山はなぜノホホ〜ンと今でも政界にいるのか。あれほどメチャクチャな言動によって普天間問題をこじらせた張本人が、今でも「元首相」ヅラしてノホホ〜〜〜〜ンと政界に生きている。じつに不思議でならない。一昔前の日本男児なら、腹を切っていてもおかしくはない。

 日本は素晴らしい国だ。しかし一方、ほんとうに不思議な国でもある。

http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/

(111227 第306回 写真は横須賀の記念艦「三笠」)

 

 

 

 

 

 

TOPICS

ブログ最新記事一覧に戻る
Recommend Contents
このページのトップへ